フリーエンジニアが語るプロジェクトリーダーの条件

フリーエンジニアは専用のメールアドレスが必須

カテゴリ一覧

まずは専用のメールアドレスを用意

まずは専用のメールアドレスを用意

LINEで送る
Pocket

専用メールアドレスの必要性

フリーエンジニアのプロジェクトリーダーとして働く際は、メールアドレスにも気を配りましょう。個人的なメールアドレスを使用していませんか?もしクラウドソーシングで案件を請け負っている場合、サイト上でのやり取りになるので専用のメールアドレスは不要と考える人もいるでしょう。
しかし、仕事の上で名刺を渡す機会があり、その後クライアントと案件についてメールでやりとりをすることもあるでしょう。Web上でのメールアドレスというのは、あなたの名前と同様ですからクライアントもきちんとチェックをしています。ですので、きちんと専用のメールアドレスは用意しておきましょう。

Gmailはダメ?

よく、専用のメールアドレスとしてGmailはダメなのか?という声を聞きます。Gmail自体は非常に使いやすく便利です。とはいえフリーメールのため、仕事上のやり取りのではふさわしくないと考え、フリーメールを使用している人は信用しない、といったクライアントも存在します。もちろんGmailに問題があるわけではなく、事業主として必要な部分にコストをかけていない、という点を問題視されるようです。やはり、独自ドメインのメールアドレスを使用しているフリーエンジニアと、Gmailを使用しているフリーエンジニアがいた場合は、どちらが信用できる相手かという印象は変わってきますよね。独自ドメインの場合はコストもかかりますが、信用を得るための必要なコストと考えましょう。
なにより仕事の上で、特にプロジェクトーダーという責任のある仕事を任されるのであれば、一番重要なのはクライアントからの信用を得ることです。

独自ドメインのメールアドレス

独自ドメインを取得する際は、取得業者を利用するのが一般的です。それぞれ、取得できるドメインの種類やサービスが異なりますので、自分に合ったものを選びましょう。例えば「.com」は商業組織用、「.net」はネットワーク用ですが、「.info」は特に用途に制限がありません。そしていずれも、誰でも取得できます。ドメインはすでに取得されているものは使用できません。ですので初めに、まだ使用されていないものかどうかを確認します。ドメインを取得する際に確認ができるので、まずは試してみましょう。広く普及している「.com」などは既に取得済みになっている場合が多いですが、新しい「.xyz」などは空きが多く、困ることは無いでしょう。
ここでは、ドメインを取得する際に便利なサイトをご紹介します。それがこの「スタードメイン」です。

ドメインを取得することで、ホームページやメールのアドレスが、すっきりと覚えやすくなり大変便利です。

引用元:スタードメイン

人気の記事

Copyright © 2014 フリーエンジニアが語るプロジェクトリーダーの条件 All Rights Reserved.