フリーエンジニアが語るプロジェクトリーダーの条件

プロジェクトリーダーとしての案件を得るためにエージェントを活用しよう

カテゴリ一覧

エージェント活用が便利

エージェント活用が便利

LINEで送る
Pocket

フリーエンジニアだからこその不安

個人事業主のため企業との雇用関係がなく、雇われない働き方として自由を手に入れることができるフリーエンジニア。技術の変化が目まぐるしい世界で、新しいことに積極的に挑戦することが可能です。案件の数に伴い実績を重ね、自身のキャリアやライフプランを自由に組み立てることできる点が最大の魅力です。
しかし、自由を得るといった魅力の半面、雇用の保護も生活の保障もありません。そういった不安を抱えながら仕事をしていくのも、フリーエンジニアという仕事の宿命なのです。

エージェントを活用しよう

プロジェクトリーダーとしていつでも案件が安定して入ってくる状況というのは、フリーエンジニアになったばかりでは難しいことです。多くのフリーエンジニアは不安と抱えながら過ごしています。そこで有効なのが、エージェントの活用です。個人で営業をして獲得できる案件には限度があり、営業をすること自体にも大きな時間や労力をかけなければなりません。クラウドソーシングを使った案件の獲得もよいですが、単価が低く、単発の案件がほとんどなのが難点です。その点エージェントで紹介されている案件というのは、契約期間の中で様々な業務に携わることが可能です。
また、自身のスキルや希望の条件に会う案件を探し、カウンセラーや契約後の状況確認、相談窓口といったサービスが用意してあり、フリーエンジニア、プロジェクトリーダーとしての活動をバックアップしてくれます。強力なキャリアサポートを受けられるという点で、エージェントの活用は非常に有益であるといえます。
そして、安定して案件を獲得できる点も魅力です。不安定な立場であるフリーエンジニアですが、一つ案件が終了してから次の案件を探し営業をする、といった状況では案件の案件の間に空白期間ができてしまいます。ですがエージェントを活用すれば、案件終了の時期を見込んで次の案件の紹介をしてくれるため、余計な空白期間が生じることもありません。
さらに、フリーエンジニアには福利厚生はありませんが、エージェントを活用することで正社員並みのサービスを受けることができる場合もあります。たとえば人間ドッグや検診費用優待、税理士の紹介、就業不能時の所得保障保険サービスなどフリーエンジニアの実情に特化した福利厚生のほかにも、ホテルやスポーツクラブの優待利用といったものもあります。

実際に活用してみよう

ご紹介したとおり、エージェントの活用には魅力的なメリットが多くあるといえます。とはいえ、では実際にどのようなエージェントがあるのか?という方もいらっしゃるでしょう。そんなあなたにご紹介したいのが「レバテックフリーランス」です。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご希望をお伺いし、ピッタリの案件をご提案します。

引用元:レバテックフリーランス

人気の記事

Copyright © 2014 フリーエンジニアが語るプロジェクトリーダーの条件 All Rights Reserved.