フリーエンジニアが語るプロジェクトリーダーの条件

案件を獲得するために、フリーエンジニアとしておさえておくべきこと

カテゴリ一覧

フリーエンジニアが語る案件獲得法

フリーエンジニアが語る案件獲得法の記事一覧

フリーエンジニアが案件を獲得するため必要なこととは何なのか。プロジェクとリーダーとしての案件を獲得するためにはどうすればよいのか。そういった悩みを持っている方は多いかと思います。フリーランスで活動するというのは、企業で勤める場合とは違い不安定です。そんな不安を解消するためにも、専用のメールアドレスの取得といった基本的なことから、案件を探す際に便利なエージェントの活用、さらには仕事がなくなってしまった際の心得や、やるべき行動といったものをご紹介します。

まずは専用のメールアドレスを用意

まずは専用のメールアドレスを用意 フリーエンジニアとして活動している方の中には、フリーメールを仕事用のメールアドレスにしているという方が多くいます。フリーメールなら無料ですし、業務にも支障なく使えるため何も問題ないのではないか?と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、案件についてのやりとりをするメールアドレスというは、クライアントの信用にも大きく関ってくるのです。もし独自ドメインのメールアドレスを取得していない方がいらっしゃれば、ぜひこの記事を参考にしてみいてください。

エージェント活用が便利

エージェント活用が便利 案件が安定して入ってくることが難しいフリーエンジニアという仕事、プロジェクトリーダーに限ればより案件は絞られてくるでしょう。そんな状況に不安を感じる方も多いかと思います。そんな方にぜひエージェントを活用していただきたいと思います。長期的な案件の紹介や強力なバックアップ、フリーエンジニアに特化した福利厚生を用意しているエージェントもあります。ここでは、そういったエージェントの活用について紹介していきます。

仕事が突如なくなってしまったら

仕事が突如なくなってしまったら フリーエンジニアとして働いている以上、突如仕事がなくなってしまった、という状況に陥ってしまうことも想定されます。そんなときにはどうすればよいのか。落ち込んでいるだけでは状況は変わりません。ここでは、そういった状況に陥った際の心得や、実際にどのような行動を起こせばよいかといったことをご紹介しています。IT業界では周りと交流することが非常に重要です。新たに案件を獲得するためにも、ぜひ参考にしていただければと思います。

人気の記事

Copyright © 2014 フリーエンジニアが語るプロジェクトリーダーの条件 All Rights Reserved.