フリーエンジニアが語るプロジェクトリーダーの条件

プロジェクトリーダーとしてチームに貢献するには、視点の切り替えが重要

カテゴリ一覧

開発者からプロジェクトリーダーへの視点変換

プロジェクトリーダーというポジションは、フリーエンジニアとしてキャリアアップを図る上で、絶好のステップになります。プロジェクトリーダーとして責務を果たすためには、今までの一開発者という立場から視点を切り替えることが必要となります。自分のスキルに頼るのではなく、プロジェクトメンバーのスキルをどう発揮させるかが、プロジェクトリーダーの課題です。 開発者からプロジェクトリーダーへの視点変換

LINEで送る
Pocket

視点の切り替えとはどういうことですか?

プロジェクトチームは、メンバー各自がバランスよく仕事をこなしてこそ円滑に進みます。プロジェクトリーダーの責務は、一開発者として自分のスキルでプロジェクトを強引に進めることではなく、チーム全体の力でプロジェクトを円滑かつ順調に推進するようリードすることです。チームではありながらも、個々に別々の作業工程を担当するITプロジェクトでは、ともすればチームワークを逸脱します。そのためリーダーの仕事として重要になることのひとつが個々のスケジュール管理です。分断して見えるプロジェクトであっても、実際には誰か一人でも期限までに終わらなければ、そのプロジェクトは完了しません。メンバー一人一人の仕事の進捗状況を常に把握して、遅れ気味なメンバーに対しては「~してはどうですか?」と適切に、アドバイスをすると良いでしょう。メンバーにとっては皆と足並みを揃えて作業ができるという安心感で、チーム内の士気が高まることが多くなります。

開発はメンバーに任せておけばよいということでしょうか?

プロジェクトリーダーの中には、メンバーに自由に開発を進めさせておいて、最後に間に合わなかったり、不具合があれば自分がなんとかすれば良い、と考えている人もいるようです。しかしそれでは人材育成になはりません。リーダーたるもの、全てのプロジェクトを計画通りに遂行できるように導くのも重要な資質となります。どうしても自ら手を下す場合には、自分は手間のかかる単純作業を行い、メンバーには最も複雑な部分を任せるようにしましょう。終了した時点でメンバーが成長することにより、リーダーの評価も上がるものと思いましょう。

プロジェクトリーダーとして他にも見るべきところはありますか?

プロジェクト内だけを見ていても、プロジェクトは成功しません。プロジェクト成功の定義は、完成した時点ではありません。顧客に開発したサービスを提供して、顧客の満足度が高いことを確信して始めて成功と言えるのです。開発者の立場で見れば便利と思えるプログラムでも、販売部門のスタッフが操作する場合に使い勝手が悪いというのはよくあることです。プロジェクトリーダーは、システムを使用する目的や操作する人のニーズをよく考えることが大切なのです。顧客の満足する笑顔を見て、メンバーと一緒に喜ぶことができるように指導していくことです。
また、エンジニアは個性的な人材が多く、プログラミングにおいても少しひねりのある内容にすることで特性を出そうとすることもあります。しかしプロジェクトに大切なことの一つは、「何かあったときに簡単にフィックスできること」です。複雑過ぎず、単純過ぎない方法を選ぶことで、どちらにも修正可能なプログラミングとなり、結果汎用性も広がります。ソフトウェアは「軽くて使い易い」というのが一番のメリットであることを踏まえて、なるべくクッションをかまさない方法を追求することで特徴を出すようにしましょう。

人気の記事

Copyright © 2014 フリーエンジニアが語るプロジェクトリーダーの条件 All Rights Reserved.